久しぶりの鎌倉

0

    またも久しぶりの更新。

     

    前回記事の「国道16号町田立体」は、とっくの昔に開通し、先日も通ってきた。

    愛知県内の「R23」を思わせるような長い高架が続き、本当に素晴らしい道だ。

     

    さて、日曜の昼食の後、久しぶりに鎌倉へ向かった。

    過去の写真をあさってみると、2011年2月に鎌倉アルプスを巡ったことがあったので、歩いたのはその時以来かもしれぬ。

     

    車は、「タイムズ鎌倉二階堂」に置いた。

    ただ、朝比奈方面から来ると、「岐れ路交差点」も含めて右折禁止ばかり(日曜・休日の10-16時)なので、要注意。

    とにかく高い印象のある鎌倉の駐車場だけど、探すとリーズナブルに止められるところが、いくつもあった。

     

    【タイムズ鎌倉二階堂】

    http://times-info.net/P14-kanagawa/C204/park-detail-BUK0029749/

     

    特に目的もない散策だったので、駐車場から近いところに出かけた。

    初めは「報国寺」へ。

    竹林で有名な寺とのこと。

     

    【報国寺】

    http://www.houkokuji.or.jp/

     

    報国寺の入口

     

    枯山水の庭園

     

    足利氏のやぐら

     

    竹林

     

    次は、駐車場のほうへ10分ばかり歩いて、「鎌倉宮」へ。

    ここは2011年の山歩きの時に、立ち寄ったことがある。

     

    【鎌倉宮】

    http://www.kamakuraguu.jp/

     

    【2011年の山歩きの記録(ヤマレコ)】

    http://www.yamareco.com/modules/yamareco/detail-99207.html

     

    鎌倉宮の特徴的な鳥居

     

    拝殿

     

    久しぶりの鎌倉散策、しかも短時間ではあったが、楽しかった。

    今度はガイドブックなどで下調べをしてから、ゆっくり歩けたら良いなと思った。

     


     

     



    中国自動車道で九州へ(備忘録)

    0
      今年のゴールデンウイークは、初めて車で九州に行くことにした。
      途中下車(一般道に降りる)は一切しないつもりだったので、やはり初めての中国道を走ってみた。

      朝3時くらいに自宅を出発して、その日のうちに、大分県中津市に到着の予定。
      ところが前日に送別会が入ってしまい、帰宅が遅くなってしまうことに。
      夜10時半くらいに自宅に戻り、準備をしてそのまま出発した。

      23:55 相模原IC
      4月28日の23時55分、相模原ICから圏央道に入る。
      関西方面へは本来なら東名、新名神経由なんだが、トラックが多いのを避けるため、中央道を走ることにした。

      双葉、駒ヶ岳、内津峠で休憩を取り、4時ちょうどくらいに小牧JCTで名神高速に入る。
      養老SAでもう一度休憩して、滋賀県に入ると空が明るくなってきた。
      だんだん眠くなってきて、桂川PAで休憩。
      まだ走れそうなので、寝ずに先に進んだ。

      6:06 吹田JCT
      午前6時過ぎ、吹田JCTで中国道に入る。
      ここまで、相模原ICから中央道経由で約491km。
      中国道終点の下関までは約540kmなので、まだ半分も来ていない汗

      交通情報でおなじみの「宝塚東トンネル」では速度低下があったが、渋滞無しで通過。
      神戸JCTで山陽道を分けると、一気に車の台数が減る。

      6:56 加西SA(兵庫県加西市・吹田から75.6km)
      中国道に入って、最初の休憩。
      ここで、給油と朝食にする。

      加西SA加西SA

      播州ラーメン朝食の播州ラーメン

      このラーメンで一気に眠くなるかと思いきや、逆にすっきり目が覚めたスッキリ
      次は、岡山県の勝央SAで休憩の予定だったが、順調だったのでパスすることにした。

      8:46 大佐SA(岡山県新見市・吹田から209.5km)
      中国道に入り、2度目の休憩。
      尚、この付近の北房IC-新見IC間はカーブが多いため、60キロ規制となっている。
      交通量は非常に少なく、走っていても寂しさを感じる。

      大佐IC大佐SA

      それにしても中国道は本当にカーブだらけで、直線の区間はほとんど無い。
      「R=350m」の標識を見ただけで、どれくらいのスピードで曲がれるか、分かるようになった。

      10:37 安佐SA(広島市安佐北区・吹田から339.9km)
      その次は七塚原SAで休憩の予定だったが、やはり飛ばし、安佐SAで中国道3回目の休憩。
      まだ昼前だったので、このまま高速を降りて広島観光でもしたかったが、
      今回は九州までは途中で降りないと決めていたので、そのまま中国道を進んだ。

      安佐SA安佐SA

      広島北JCTを過ぎるとトンネルが増え、車はぐっと少なくなる。

      11:39 朝倉PA(島根県吉賀町・吹田から408.5km)
      この歳にして、初めての島根県!
      今回は通過だけになってしまったので、機会があれば観光で訪れたい。

      朝倉PA朝倉PA

      12:00 鹿野SA(山口県周南市・吹田から432.2km)
      間もなく山口県に入り、鹿野SAで昼食にする。
      チャンポンが名物のようだが、ここは軽めにうどんにしたうどん


      鹿野SA鹿野SA

      うどん昼食はうどん

      山口県に入ってからが、疲れもあるのか長く感じる。
      荷卸峠PA前後は坂がきつく、岡山県内の60キロ規制の区間よりも走りにくい気がした。

      山口JCTで山陽道と合流すると、車は数倍に増え、ペースが乱された。
      下関ICが中国道の終点で、そのまま「関門自動車道」となる。
      キロポストも、吹田からの距離がそのまま続く。

      13:36 壇之浦PA(山口県下関市・吹田から541.7km)
      下関ICのすぐ先が、壇之浦PA。
      展望台からは関門橋と、間近に門司の街が見えて、遠くに来たと実感した。

      壇之浦PA壇之浦PAからの関門橋

      自宅からここまで全く仮眠をしなかったので、予定より大幅に早い。
      小倉城でも見ようかと、門司IC(吹田から549.5km)で高速を降りた。
      料金は、深夜割引で14,350円金

      ところが、気が変わって城には行かないことにし、
      北九州高速経由で、この日の宿泊地の大分県中津市に向かった。


      【感想】
      吹田から山間部の高速を540kmも走るというのは不安があったが、案外走りやすかった。

      何といっても、神戸JCT〜山口JCTは車が大変少なく、自分のペースで走れるのが大きかった。
      カーブや坂が多いのは心配だったが、中央道を走り慣れている自分にとっては、想定内のレベル。

      ただ、景色は山の中をウネウネと単調。
      山陽道は、広島東IC以東は走ったことがあるが、それと比べても更に単調な感じだった。
      ただ、このウネウネが、眠気を呼ばなかった可能性はある。

      次にまた車で九州に行くことがあるとしても(いや、来年また行きたいけど)、
      山陽道ではなく中国道を使いたい嬉しい

      それにしても、トラックでこれだけの距離を走っている方々には、頭が下がる思いだ。
       

       


      スカイツリーに登ってきた(後編)

      0
         前回記事で、スカイツリーの第1展望台までのことを書いたが、その続き。

        さて、第1展望台(地上350m)から第2展望台(地上450m)へのエレベーターは、外が見えるもの。
        この高さで外が見えるのは、かなり怖い。
        エレベーター内で「キャーっ!!」と言ってる女性もいたほどだった

        さて、第2展望台に到着。


        外を眺めてみる。

        高い

        あいにくの曇り空(後に雨)だったが、それなりに遠くまで見えていた。
        隅田川と桜橋

        手前に浅草、東京ドームや新宿ビル群も見える

        両国国技館の向こうに、ぼんやり東京タワー

        少し歩くと、外でゴンドラに乗った清掃の方が現れた。
        自分の目を疑う


        緩やかなスロープを登っていくと、最高到達点の地上451.2m地点。
        人がたくさん集まっていたので、最初は何だろうかと思った。


        それにしても、高いなあ。
        手前に浅草寺、遠くに秩父の山も見えている。

        さて、第1展望台に戻る。
        こちらは、土産物店。入場制限が行われていた。


        東京スカイツリー駅を上から眺める。怖いね


        こちらはカフェ。


        せっかくなので、ソフトクリームを食す。
        400円だったが、味も内容も満足のいくものだった


        さて、そろそろ帰ろうかとエレベーターの列に並んでいると、「ガラス床」があることに気づいた。

        列を離れて、ガラス床に行ってみる。
        もう暗くなり始めて、あまりよく見えなかったが、それが逆に怖い感じもした。


        ざっと、こんな感じ。
        金額面と混雑という点では何度も来れないが、展望マニアの端くれ(?)の自分としては、空気の澄んだ日の朝に、もう一度登ってみたい。






        スカイツリーに登ってきた(前編)

        0
          昨年5月に開業した「東京スカイツリー」。
          12月の終わりに、ついに登ってきた。

          【東京スカイツリー】
          http://www.tokyo-skytree.jp/

          この日は2012年最後の金曜日。
          諸般の事情で、押上へは車で向かった

          隅田川近くの民間駐車場。ここは1日1400円。


          駐車場付近から眺めるスカイツリー。
          やはり、デカい


          国道6号線を横断


          スカイツリーの近くになると、駐車料金もどんどん上がる。
          ここは、さっき止めた駐車場の2倍


          駐車場から10分あまりで、スカイツリーの一角に到着。
          当日券売り場に行ってみると、この日は50分待ちであった。
          早速、並ぶことにする。


          並び始めてぴったり50分後、ようやくチケット売り場にたどり着いた。
          ここでは、地上350mの「第1展望台」までのチケットを買うことができる。


          チケット売り場から右手に進むと、「出発ゲート」がある。
          見た目は空港のゲートと変わらないが、それほど厳しくはなさそう。
          いつものように金属探知機を鳴らすこともなく、通過することができた


          次は、いよいよエレベーター。
          このエレベーターが、早い。ものすごく早い
          腕時計で測ってみたが、350m登るのに、1分かからなかった

          第1展望台に到着。
          外をちらっと眺めるが、確かに高そう。


          ろくに外も眺めずに、すぐに第2展望台(地上450m)のチケット売り場へ向かう。
          5分待ちとのことだったが、実際はほとんど待たなかった。
          チケット購入後は、すぐにエレベーターに乗車。


          さて、長くなりそうなので、今回はここまで。
          続きは、後編で。



          紅葉の秩父路(中津峡、八丁トンネル)

          0
            11月11日の日曜日。
            前日は、風邪薬を飲んでの出勤だったが、朝起きると調子がいい。
            ちょっくら、車で出かけることにした。

            7月1日に今の車が来てから、走行距離は4ヶ月ちょっとで6000キロ。
            関東甲信越からほとんど外に出ていないのに、そこそこのペースなのは、このような細かな遠出をしているからかもしれない。
            まぁ、八ヶ岳往復でも400キロはいくしな

            今回は秩父方面にした。
            いつものラーメン屋で朝食兼昼食後、相模湖から中央道を勝沼まで。
            国道140号を北に向かい、旧三富村に到着する頃には、あたり一面の紅葉だった

            道の駅みとみ道の駅みとみ

            長い雁坂トンネルをくぐり終えると、埼玉県。
            トンネルを出てすぐに、「出会いの丘」というところがあったので、立ち寄る。
            ひと気はなく、誰とも出会うことも無い。
            気温は7℃だが、日差しが無い分、空気が冷たく感じた


            出会いの丘出会いの丘

            このまま140号で秩父へ出ようと思ったが、時間に余裕があったので、両神山の登山口である八丁トンネルを偵察しに行く。
            国道140号からも少し西に入った中津峡は、紅葉の見頃
            多くの車やバイク、自転車、人で賑わっていた。

            中津峡1中津峡その1

            中津峡その2中津峡その2

            県道から、八丁トンネルへの狭い林道に入る。
            この道はダンプも通るので要注意(この日は日曜だからか、見かけなかった)。

            上落合橋両神山上落合橋登山口の駐車スペース

            最後に、長い八丁トンネルを抜けると、ここにも両神山への登山口がある。
            トンネルのこちら側は濃霧だった。
            さすがに登山者は少なそう。

            八丁トンネル登山口八丁トンネル脇の登山口

            国道299号の志賀坂峠へ下る林道付近は、伐採されてハゲ山になっていたが、林道沿いは真っ赤に紅葉した気が残されていた。
            ハゲ山に紅葉が美しいハゲ山に紅葉が美しい

            車道の周りだけ樹木車道の周りだけ、樹木が残されている

            後は小鹿野→秩父→名栗→瑞穂という、いつものコース。
            とは言っても、すっかりご無沙汰の秩父だった

            来月には秩父夜祭りもある。
            夜中なら自宅から秩父市内まで2時間ちょっと。また今度、ゆっくり訪れたい。

            GPSログからのマップ
            GPSログからのマップ(前後の一部はカット)
            http://goo.gl/maps/A9ap9


            ハトヤサブレ

            0
              先月のことだが、伊東の「サンハトヤ」に泊まった。
              人生も後半のこの歳になって、まさかハトヤに泊まることになろうとは、夢にも思わなかった。

              【ハトヤのCM−YouTube検索】
              http://www.youtube.com/results?search_query=%E3%83%8F%E3%83%88%E3%83%A4

              翌日、CMでおなじみの「海底温泉」に入ってからチェックアウト。
              伊東駅までの送迎バス発車までのわずかな時間に、売店に立ち寄る。

              そこで見つけたのが「ハトヤサブレ」
              おそらく、ここ以外では売ってないだろうと、慌てて購入した楽しい

              箱はこんな感じ
              箱はこんな感じ

              その箱が結構凝った作りで、バラすと持ち運べるようになっていた。
              ばらした箱

              中身。うまそうね!
              中身。うまそうね

              ネーミング的には「面白い恋人」を連想させるものがあったが、これはこれで良いんじゃないかなわらう
              また伊東に行くことがあれば、サンハトヤに立ち寄って買ってみたい
              (少々お値段は高めだが、日帰り入浴も可能となっている)。

              【伊東温泉 ホテルサンハトヤ】
              http://www.sunhatoya.co.jp/home/


              初めての和歌山県

              0
                今年のゴールデンウィークは、私にとっておそらく初めての 9連休 となった。

                四国の方でも車でのんびり巡ろうかなとか考えてもいたが、仕事の混乱が収束しない恐れもあったため、関西方面に落ち着いた。

                細かい行程は省略するが、4月30日に奈良県南部の「釈迦ヶ岳」に登山。

                【釈迦ヶ岳(前鬼から)−ヤマレコ】
                http://www.yamareco.com/modules/yamareco/detail-186698.html

                予定より大幅に早く下山できたため、和歌山県の北山村に寄り道してみた。
                全国でもここだけという全域飛び地の村
                道の駅に立ち寄るが、周りに誰もいなく、ちょっと寂しげだった。

                全域飛び地の村道の駅「おくとろ」(和歌山県北山村)

                実は和歌山県に訪れるのは、今回が生まれて初めて!!
                これで、一度も訪れたことが無い県は鳥取、島根、沖縄の3県のみとなった。
                ※厳密にいうと、鳥取は氷ノ山に登った時に、微妙に足を踏み入れている。

                さて、北山村からは三重県熊野市へ出て、ここで宿泊。
                翌日は曇り予報なので、「玉置山」を少し歩こうかと思ったが、あいにくの雨。しかも大雨あめ悲しい
                とりあえず、玉置山の駐車場までは行くことにした。

                熊野市から和歌山県新宮市に入る。
                昨日の和歌山は飛び地で微妙だったが、今度はしっかり和歌山県。立派な標識もある。

                熊野川を渡り、和歌山県熊野川を渡り、和歌山県新宮市。

                「すき家」で朝食をとり、先に進む。
                五條方面への国道168号は、去年の台風であちこちが崩れ、いまだに片側通行が多数だった。

                この時点で玉置山はあきらめていなかったので、熊野大社本宮は通過。
                で、その先の道の駅でしばし休憩。

                奥熊野古道ほんぐう道の駅「奥熊野古道ほんぐう」からの熊野川(田辺市)

                奈良県に入り、玉置山の駐車場は激しい雨と風雨降り
                おとなしく帰ることにした。

                玉置神社の鳥居玉置神社の鳥居(奈良県十津川村)

                国道168号の長い山道を抜けると、五條市。
                この後は大阪方面に向かうのだが、再び和歌山県に入り、橋本市を経由した。

                こんな感じで、訪れたことが無かった和歌山県にお邪魔することになったのだが、今度はそこを目的地として、ゆっくり旅をしたいなと思った嬉しい

                つづく(かも)



                「開通3日目の新東名を走る」 その1・走行前日編

                0
                  ※タイトルに「新東名」とありますが、前日編のため、記事に新東名は出てきません。

                  4月14日に、新東名高速の御殿場〜三ヶ日がついに開通した。
                  年度末の多忙な生活もいくぶん落ち着いたため、4月16日の月曜日に休みを取って、さっそく車で走りに行くことにした。

                  前日の15日。この日は愛知県は三河安城に宿泊して、翌日に備えることに。
                  高尾山ICから中央道に乗る。この高尾山IC〜八王子JCTも、先月開通したばかり。
                  途中の「釈迦堂PA」では、南アルプスがくっきり見えて感動富士山

                  釈迦堂PAからの南アルプス釈迦堂PAからの南アルプス

                  駒ヶ岳SAで二度目の休憩をするが、なにしろ日曜の午後。
                  止まっている車は、中京圏、関西圏のナンバーばかりだった。

                  岐阜県に入り、土岐JCTから東海環状に入る。
                  ここも初めて通る道だが、カーブも少なくトンネルも綺麗で、たぶん新東名もこんな感じなのかなと想像させた。

                  豊田東ICで降り、「トヨタ本社」へ行ってみる。
                  展示施設のある「トヨタ会館」は定休日だったので、工場周辺を走るだけにしたが、やはりデカかったびっくり

                  トヨタ町南交差点トヨタ本社手前の「トヨタ町南交差点」

                  【トヨタ会館】
                  http://www.toyota.co.jp/jp/about_toyota/facility/toyota_kaikan/index.html

                  三河安城の宿に車を置き、名古屋へ食事に行く。
                  今回の目的は、「世界の山ちゃん本店」鳥
                  6時半くらいに店を訪れたが、日曜の晩ということもあって、意外にもすんなり入れた。

                  世界の山ちゃん|本店世界の山ちゃん|本店
                  http://www.yamachan.co.jp/shop/shop_detail.php?number=1

                  食事後、名古屋テレビ塔へ行ってみたが、リニューアル工事中で入れず。
                  昨年末に行ったばかりの「ミッドランドスクエア」へ出かけ、名古屋の夜景を眺めることができた。
                  尚、ここのエレベーターは速くて怖いたらーっ

                  ミッドランドスクエアからの夜景ミッドランドスクエアからの夜景

                  名古屋駅からはちょっぴり贅沢ということで、三河安城まで「こだま」新幹線に乗る。
                  何かイベントでもあったのか、ホームは「女子でいっぱい」だった。

                  大名古屋ビルヂング名古屋駅前「大名古屋ビルヂング」

                  女子でいっぱいの新幹線ホーム女子でいっぱいの新幹線ホーム

                  翌日、岡崎ICから東名高速に乗る前に、「岡崎城」へ行ってみた。
                  天守閣からの眺めは、想像以上に良かった。

                  岡崎城岡崎城

                  続きは、「新東名を走る」 その2・前編で。


                  calendar
                       12
                  3456789
                  10111213141516
                  17181920212223
                  24252627282930
                  31      
                  << December 2017 >>
                  selected entries
                  categories
                  archives
                  recent comment
                  recent trackback
                  links
                  profile
                  search this site.
                  others
                  mobile
                  qrcode
                  powered
                  無料ブログ作成サービス JUGEM
                  JUGEMのブログカスタマイズ講座