<< 夜行バス「毎日アルペン号」に乗ってみた。 | main | 高速バスにGPSロガーを置いてみた >>

石倉橋(伊勢原市上粕屋)を訪ねてみた。

0
    昨日は車のタイヤを替えた。
    エンジンオイルまで一緒に交換したので、快調そのもの矢印上
    せっかくなので、ヤビツ峠へ慣らしに行ってきた。

    宮ヶ瀬方面からヤビツ峠を越えて、菜の花台で休憩。
    朝までの嵐が嘘のように快晴で、相模灘や江の島、天城山、富士山のほうまで見渡せた富士山

    菜の花台111016菜の花台から平塚方面を望む

    さて、秦野に下ってから、以前から気になっていた「石倉橋」を久しぶりに訪ねてみた。
    石倉橋は、各地から大山を目指す「大山街道」が集まる場所で、
    以前は自治会館前に、道標などの石造物などがいくつもあった。

    石倉橋200811石倉橋(2008年11月)

    ところが、第二東名などの開発により、だいぶ様変わりしたとの情報があり、ずっと気になっていた。
    実際に訪れてみると、覚悟はしていたが、あまりの変貌に驚きびっくり
    自治会館も石造物もなくなっていて、バリケードの向こうでは穴が掘られていた。
    近づいてみると、「(県道整備事業に伴う)埋蔵文化財発掘調査」とある。
    来年春までだが、終われば道路工事に着手されるに違いない。

    石倉橋111016-1石倉橋(2011年10月16日)

    石倉橋111016-2埋蔵文化財発掘調査の看板

    自宅に戻ってから、石倉橋付近の開発に関するwebsiteを探してみる。
    そこで詳細が分かると、あまりの規模の大きさに驚いた。
    第二東名だけでなく、厚木秦野道路、県道などが絡む一大開発となっていたからだ。

    県道603号(上粕屋厚木)整備事業
    http://www.pref.kanagawa.jp/cnt/f4393/p12848.html

    現在の東名高速、国道246号(特に伊勢原、秦野)の現状を見ていると、やはり開発は必要ではないかと私は思う。
    しかしながら、このような古くから歴史のある地をわざわざ開発せざるを得なかったのは、大変残念でならない。
    石倉橋については、今後も注目していきたい。

    尚、以前の石倉橋については、中平龍二郎氏の「ホントに歩く大山街道」「キャーッ! 大山街道!!」に詳しく書かれている。
    共に石倉橋の歴史を後世に伝えるものとして、貴重な書物である。

    ホントに歩く大山街道
    http://www.fujinsha.co.jp/books/ooyama.html

    キャーッ! 大山街道!!
    http://www.fujinsha.co.jp/books/kyaoyama.html


    コメント
    コメントする









    この記事のトラックバックURL
    トラックバック
    calendar
         12
    3456789
    10111213141516
    17181920212223
    24252627282930
    31      
    << March 2019 >>
    selected entries
    categories
    archives
    recent comment
    recent trackback
    links
    profile
    search this site.
    others
    mobile
    qrcode
    powered
    無料ブログ作成サービス JUGEM
    JUGEMのブログカスタマイズ講座