<< デジタル温度計を購入。 | main | 去年の地震発生後の、自分のツイートを振り返る。 >>

開通前の新東名⇔現東名のジャンクションを見てきた。

0
    私の職場は土日祝が休みとなっているが、2,3月に限っては土曜日は出勤。
    今年は祝日も出勤ということで、完全週休1日となる(もちろん、それも休めればの話だが)。
    そんなわけで1月最終土曜の28日、浜松までちょっくら餃子を食べに行くことにした車

    その前日の27日、新東名高速の御殿場JCT〜三ヶ日JCTが4月14日に開通との発表が、 NEXCO中日本からあった。
    それなら、開通前の新東名の案内標識も、写真に残しておくか。

    【4月14日に「新東名高速道路」御殿場JCTから三ヶ日JCTが開通します】(NEXCO中日本)
    http://www.c-nexco.co.jp/news/2454.html

    海老名ICから高速に乗ったのは11時ちょうどくらいと、遅めの出発。
    御殿場JCTの標識。おそらく白いシール(?)をはがすと、緑の標識が出てくるのだろう。

    御殿場JCT御殿場JCT付近

    この先、裾野ICにかけて突然の降雪ゆき
    この日の夕方には、裾野市内の国道などで200台立ち往生などという出来事もあったようで、冬の御殿場周辺でのゲリラ雪には要注意である。

    【裾野で道凍結、車200台動けず 未明にほぼ解消】(中日新聞)
    http://www.chunichi.co.jp/article/shizuoka/20120129/CK2012012902000121.html

    静岡市清水区には、現東名と新東名を結ぶ「清水連絡路」もできる。
    清水ICのすぐ手前に清水JCTがあるので、開通後は間違えやすいかもしれない。

    清水JCT清水JCT手前で

    浜松ICで高速を降り、近くの餃子屋で本日二度目の昼食イヒヒ
    再び高速に乗り、西へと向かう。

    三ヶ日JCT。
    ここで東名と新東名が合流する。更に宇利トンネルにかけての登り坂で、開通後は渋滞が心配される。

    三ヶ日JCT三ヶ日JCT付近

    宇利トンネルの向こうは愛知県。
    最初の豊川ICで降り、豊川稲荷で商売繁盛を祈願お願い
    豊川稲荷は初めて訪れたが、さすがに立派な寺で、多くの人で賑わっていた。

    豊川稲荷豊川稲荷

    帰りは下道で舘山寺温泉へ向かい、日帰り入浴温泉
    レイト料金で利用した「華咲の湯」は、広々していて、のんびりできた。

    【華咲の湯】
    http://hanasakinoyu.jp/html/spa/index.html

    浜松西から東名高速に乗り、夜10時ちょうどに自宅に着いた。
    トータル570キロ。愛知県まで往復した割には、意外に近かったなと感じた。



    コメント
    コメントする









    この記事のトラックバックURL
    トラックバック
    calendar
       1234
    567891011
    12131415161718
    19202122232425
    262728293031 
    << May 2019 >>
    selected entries
    categories
    archives
    recent comment
    recent trackback
    links
    profile
    search this site.
    others
    mobile
    qrcode
    powered
    無料ブログ作成サービス JUGEM
    JUGEMのブログカスタマイズ講座