<< 「開通3日目の新東名を走る」 その1・走行前日編 | main | 「開通3日目の新東名を走る」 その3・後編 >>

「開通3日目の新東名を走る」 その2・前編

0
    前回からの続き。

    岡崎城を後にし、岡崎ICから東名高速(上り)に乗る。
    ここは、以前からちょっと走ってみたかった「暫定3車線区間(豊田JCT〜音羽蒲郡IC)」

    【東名高速道路 音羽蒲郡IC〜豊田JCT間の3車線(暫定)運用を開始しました。】(NEXCO中日本)

    http://www.c-nexco.co.jp/news/2294.html

    東名上り 岡崎IC〜音羽蒲郡IC間東名上り 岡崎IC〜音羽蒲郡IC間で

    渋滞対策の為、もともと2車線だった区間のラインを引き直して3車線にしたもの。
    もっと狭い道を想像していたのだが、それほどでもなかった。
    そのせいか、制限速度60キロを守っている車は、見当たらなかった汗

    愛知・静岡県境の宇利トンネル手前で、三ヶ日JCTの案内板が出てくる。
    新東名が近づいてきた!

    三ヶ日JCTまで3.5km宇利トンネル手前

    宇利トンネルを抜けて間もなく、「三ヶ日JCT」。
    新東名を利用するのであれば、トンネル手前で左車線に移っておくことをおすすめする。
    いよいよ、今回の開通区間のスタート拍手

    三ヶ日JCT三ヶ日JCTで左に入る

    浜松いなさJCTまでの約13kmは、「引佐連絡路」という、新旧の東名を結ぶ道路。
    それでも、まっすぐで広々した道は快適。
    途中の案内標識には「東京都内 264km」とある。東京都内って、、、どこなんだろうか・・・Docomo108

    引佐連絡路引佐連絡路

    いくつかのトンネルを抜けると、「浜松いなさJCT」。
    現状、連絡路の2車線がそのまま新東名本線に接続する構造になっている。

    浜松いなさJCT浜松いなさJCT

    浜松いなさJCT2JCT内ということを忘れるような直線

    ついに、新東名本線に入る。
    これまで以上に広々した道だが、残念ながら、諸般の事情で片側2車線。
    橋もトンネルも、3車線分あるのにねundefined
    ただ、この後何箇所かで、片側3車線になるところがある。

    新東名本線に入った新東名本線に入った!

    最初の浜松SA。
    ここは少々並んででも立ち寄るつもりだった

    浜松SAへの列浜松SAへの列

    渋滞の列の最後尾は、ちょうどSAへの分岐付近だったが、ここから駐車するまで、約15分。
    駐車場内に誘導の人がいるのかと思いきや誰もおらず、椅子取りゲーム状態だったのが気になった。

    浜松SA駐車待ちの車内からの浜松SAの建物

    建物の中に入ると、平日だというのにすごい混雑。
    少し土産を見ただけで、早々に退散汗

    続いては、掛川PAに向かう。
    こちらも駐車場は満車だったが、ほとんど待たずに入れた。

    掛川PA手前で掛川PA手前で

    掛川PA掛川PA

    ここで食事をしようかと思ったが、なんとなく気が進まず、次に行くことにした。
    記事が長くなりそうなんで、続きは後編で。


    コメント
    コメントする









    この記事のトラックバックURL
    トラックバック
    calendar
       1234
    567891011
    12131415161718
    19202122232425
    262728293031 
    << May 2019 >>
    selected entries
    categories
    archives
    recent comment
    recent trackback
    links
    profile
    search this site.
    others
    mobile
    qrcode
    powered
    無料ブログ作成サービス JUGEM
    JUGEMのブログカスタマイズ講座