<< 「開通3日目の新東名を走る」 その2・前編 | main | 初めての和歌山県 >>

「開通3日目の新東名を走る」 その3・後編

0
    前回記事(4月16日に新東名の三ヶ日→御殿場を走った記録)の続き。

    掛川PAで休憩中。
    そういや浜松SAで、新東名開通記念のスタンプラリーの用紙をもらってきたので、ここでも押す。
    新東名だけでも13個集めなければならないが、たぶん無理だろうなあせ

    昼食は「静岡SA」でとることに決め、出発。

    藤枝岡部IC付近藤枝岡部IC付近

    静岡SAへ静岡SAへ

    静岡SAは「満車」の表示になっていたが、タイミングが良かったのか、全く並ばずに駐車場に止めることができた。

    静岡SA静岡SA

    ここもまた、広い!
    しかし、建物の中は大混雑。平日だというのに、フードコートの座席は見事に埋まっている。
    昔のスキー場のように、食べ終わりそうな人の後ろで待ち、ようやく確保。
    食事後は土産などを買ったりと、だいぶ長居してしまった。

    SAを出てからも、真っすぐな道が続く。
    三ヶ日からずっと山の中の同じような景色なので、ちょっと飽きるかも楽しい

    それと、3車線なのはインター付近だけかなと想像していたが、意外に長い区間だった。
    2車線と3車線の混在はいろいろ問題があるので、全区間で3車線化したらいいのにと、思わずにはいられなかった。

    「新清水JCT」では、旧東名と結ぶ連絡路が分岐する。
    どっちに行っても東京なわけねエクステンション

    新清水JCT新清水JCT

    三ヶ日からずっと似たような景色だったが、新富士IC付近で周りが開ける。
    晴れていれば、富士山が大きく見えるのだろう富士山

    新富士IC付近。正面に愛鷹山新富士IC付近。正面に愛鷹山

    しばらく走ると、駿河湾沼津SAなのだが、ここは行列。
    路肩の車の列が狭いトンネル内に延びており、その脇をかすめるように車が通過し、危険極まりない。
    ここは大事故が起きる前に、早急な改良を望みたい。

    駿河湾沼津SAの順番待ち駿河湾沼津SAの順番待ち

    今回開通区間は、御殿場JCTまで。
    いよいよ、終わりが見えてきた。

    御殿場JCT分岐御殿場JCT分岐

    東名高速に合流東名高速に合流

    走った感想。
    まだ開通3日目なんで、SA、PAなどで、いろんな混乱があるのは仕方ないが、当分の間は途中でゆっくり休むことは難しそうしょんぼり
    道路自体は片側2車線とはいえ、極めて快適な造りなんで、御殿場から三ヶ日まで一気に走って時間短縮するという意味では、相当使えると感じた。
    まぁ、半年くらいは様子見だな。

    mp0416GPSログの地図(Googleマップ)
    http://maps.google.co.jp/maps?q=http://ms101jp.com/tracklog/20120416.kml
    ※岡崎城〜海老名IC


    コメント
    コメントする









    この記事のトラックバックURL
    トラックバック
    calendar
          1
    2345678
    9101112131415
    16171819202122
    23242526272829
    30      
    << June 2019 >>
    selected entries
    categories
    archives
    recent comment
    recent trackback
    links
    profile
    search this site.
    others
    mobile
    qrcode
    powered
    無料ブログ作成サービス JUGEM
    JUGEMのブログカスタマイズ講座