<< 「開通3日目の新東名を走る」 その3・後編 | main | 楽天Edy >>

初めての和歌山県

0
    今年のゴールデンウィークは、私にとっておそらく初めての 9連休 となった。

    四国の方でも車でのんびり巡ろうかなとか考えてもいたが、仕事の混乱が収束しない恐れもあったため、関西方面に落ち着いた。

    細かい行程は省略するが、4月30日に奈良県南部の「釈迦ヶ岳」に登山。

    【釈迦ヶ岳(前鬼から)−ヤマレコ】
    http://www.yamareco.com/modules/yamareco/detail-186698.html

    予定より大幅に早く下山できたため、和歌山県の北山村に寄り道してみた。
    全国でもここだけという全域飛び地の村
    道の駅に立ち寄るが、周りに誰もいなく、ちょっと寂しげだった。

    全域飛び地の村道の駅「おくとろ」(和歌山県北山村)

    実は和歌山県に訪れるのは、今回が生まれて初めて!!
    これで、一度も訪れたことが無い県は鳥取、島根、沖縄の3県のみとなった。
    ※厳密にいうと、鳥取は氷ノ山に登った時に、微妙に足を踏み入れている。

    さて、北山村からは三重県熊野市へ出て、ここで宿泊。
    翌日は曇り予報なので、「玉置山」を少し歩こうかと思ったが、あいにくの雨。しかも大雨あめ悲しい
    とりあえず、玉置山の駐車場までは行くことにした。

    熊野市から和歌山県新宮市に入る。
    昨日の和歌山は飛び地で微妙だったが、今度はしっかり和歌山県。立派な標識もある。

    熊野川を渡り、和歌山県熊野川を渡り、和歌山県新宮市。

    「すき家」で朝食をとり、先に進む。
    五條方面への国道168号は、去年の台風であちこちが崩れ、いまだに片側通行が多数だった。

    この時点で玉置山はあきらめていなかったので、熊野大社本宮は通過。
    で、その先の道の駅でしばし休憩。

    奥熊野古道ほんぐう道の駅「奥熊野古道ほんぐう」からの熊野川(田辺市)

    奈良県に入り、玉置山の駐車場は激しい雨と風雨降り
    おとなしく帰ることにした。

    玉置神社の鳥居玉置神社の鳥居(奈良県十津川村)

    国道168号の長い山道を抜けると、五條市。
    この後は大阪方面に向かうのだが、再び和歌山県に入り、橋本市を経由した。

    こんな感じで、訪れたことが無かった和歌山県にお邪魔することになったのだが、今度はそこを目的地として、ゆっくり旅をしたいなと思った嬉しい

    つづく(かも)



    コメント
    コメントする









    この記事のトラックバックURL
    トラックバック
    calendar
       1234
    567891011
    12131415161718
    19202122232425
    262728293031 
    << May 2019 >>
    selected entries
    categories
    archives
    recent comment
    recent trackback
    links
    profile
    search this site.
    others
    mobile
    qrcode
    powered
    無料ブログ作成サービス JUGEM
    JUGEMのブログカスタマイズ講座