<< スカイツリーに登ってきた(後編) | main | Suicaの利用ログから >>

さがみ縦貫 相模原IC付近の進捗(2013年3月)

0
    3月3日、城山方面に出かけた際に、さがみ縦貫の相模原IC付近の進捗を見てきた。
    昨年9月以来、5ヶ月ぶり(通過は何度もあるけど)。
    尚、相模原ICは、2012年までは「城山IC」という仮称になっていた。

    今月末に開通する相模原愛川IC〜高尾山ICの開通は、2013年度の予定。
    ただし、相模原ICの開通は、2014年度ということである。

    【さがみ縦貫道路(国土交通省 関東地方整備局)】
    http://www.ktr.mlit.go.jp/sobu/06busine_r/route468/sagami/index_sagami.htm

    相模原IC周辺は、特に新小倉橋の開通以降、めまぐるしい変化となっている。
    もっと早くから、写真を撮っておけば良かったなと思っている
    (WEBで探せば、いくらでも出てくるだろうけど汗)。

    まずは、本線の工事状況。
    相模原愛川IC方面から北上してきたさがみ縦貫が、相模川の支流の「串川」を越える橋。
    スケールの大きさに、圧倒される。

    串川を越える橋串川を渡る橋

    反対側の、相模川の橋梁工事も進行中。
    残念ながら、こちらはよく見えなかった。

    相模川方面を望む相模川方面を望む

    こちらは、県道510号との交差箇所。

    交差箇所

    県道510号は、この交差箇所から西側で、新しい道がほとんど完成している。
    おそらく、そう遠くないうちに切り替えが行われると思われる。

    県道510号の現道(右)と、新道(左)県道510号の現道(右)と、新道(左)

    県道510号の幅員が広いように感じる。
    実はこの日に初めて知ったのだが、相模原IC付近は

    県道510号と「津久井広域道路」が並行。

    ICは津久井広域道路にできるのだったびっくり

    【津久井広域道路(相模原市)】
    http://www.city.sagamihara.kanagawa.jp/17067/002174.html

    現場での完成予想図現場での完成予想図。2路線が並行している

    ICの方へと、西に向かってみる。
    真ん中に津久井広域道路の一部、右はICから流出してきたランプ部と思われる。
    左のフェンスの向こうが、県道510号現道。

    IC付近の津久井広域道路IC付近の津久井広域道路

    県道を渡り、山の反対側を眺めると、IC部の大規模な工事の様子が見える。
    手前には、県道510号の新道が姿を表している。 IC部の大規模な工事IC部の大規模な工事

    上の写真から少し東側に移動した地点からの、県道510号新道。

    IC東側付近の、県道510号新道IC東側付近の、県道510号新道

    つまり現在は、県道510号の現道の北側(山側)に津久井広域道路、南側に県道510号の新道が作られている状態となっている。

    県道510号現道、東側を眺める県道510号現道、東側を眺める

    おそらく、県道が新道に切り替えが行われると、現道の部分も津久井広域道路になると思われる。
    完成までは、まだまだ大変そうだが、開通が楽しみ嬉しい


     


    コメント
    コメントする









    この記事のトラックバックURL
    トラックバック
    calendar
     123456
    78910111213
    14151617181920
    21222324252627
    28293031   
    << July 2019 >>
    selected entries
    categories
    archives
    recent comment
    recent trackback
    links
    profile
    search this site.
    others
    mobile
    qrcode
    powered
    無料ブログ作成サービス JUGEM
    JUGEMのブログカスタマイズ講座