<< 流(ながれ)さんのライブ | main | 久しぶりのサンシャイン60での山岳展望 >>

さがみ縦貫 相模原IC付近の進捗(2013年11月)

0
    昨夜、仕事帰りに立ち寄った飲み屋で、入れているボトルを出してもらうと、「5月24日」と書いてあった。
    それ以来一度も来ていなかったので、なんと約半年ぶりとなる。
    半年もとって置いてくれて、これを残すのは申し訳ないので、全て空けてきた手

    5月24日頃に何をしていたかと調べてみると、下北沢での流さんのライブの2日後。
    そういえばこのブログも、流さんのライブに関する記事以降、全く更新していなかった冷や汗

    そんなわけで久しぶりの更新。
    3月に書いた「さがみ縦貫 相模原IC付近の進捗」の続きである。

    【3月に書いた記事】
    http://blog.ms101jp.com/?eid=35

    この付近は何度も通っているので、工事が着々と進んでいるのは知っていたが、
    なかなか写真を撮る暇はなくて、今回はゆっくり歩いてみた。

    さがみ縦貫本線やICの変化にも驚いたが、もっと驚いたのは、県道510号。
    3月に建設中だった新道に切り替わったのは夏頃だったか。
    少し高いところを通っていた旧道は、その後取り壊され崩され更地になり、今は「津久井広域道路」の用地になりつつあった。
    尚、相模原IC付近の県道510号は、これでほぼ完成と思われる。

    新しくなった県道510号(旧道は左側にあった)

    こちらは、さがみ縦貫本線と県道510号の交差部。
    3月の段階では、完成までもう少し時間が掛かるかなという気がしたが、あっという間にできた。

    さがみ縦貫と県道510号との交差部

    城山への登山道を少し登ると、建設中のICが見える。
    前回も書いたが、スケールの大きさに、圧倒される。

    建設中の相模原IC

    同じ地点から眺めた県道510号。
    中央付近(現道の右)には、確か夏頃まで、左側の崖と同じ高さに旧道があったのだが、完全に無くなっていた。
    ここに、県道510号と並行して津久井広域道路が作られ、ICでさがみ縦貫に接続する。

    県道510号の旧道は更地に


    今度は県道510号を反対方向(西側)へ歩く。
    正面に、相模原ICのランプ橋が見えている。

    新しくなった県道510号を西へ

    ランプ橋と県道510号との交差部。
    上でも書いたが、さがみ縦貫のICは津久井広域道路に設置されるため、県道とは接続しない。
    こちらも、3月に比べてだいぶ工事が進んでいた。

    県道510号とICランプ橋との交差部

    ランプ橋を横から撮ったもの。
    頑丈そうな作りになっているなぁ!

    横からのランプ橋

    相模原愛川IC〜高尾山ICの開通は、今年度の予定(来年の3月か?)。
    ただし、相模原ICの開通は、2014年度とのこと。
    楽しみだなぁ 嬉しい



     


    コメント
    コメントする









    この記事のトラックバックURL
    トラックバック
    calendar
    1234567
    891011121314
    15161718192021
    22232425262728
    2930     
    << September 2019 >>
    selected entries
    categories
    archives
    recent comment
    recent trackback
    links
    profile
    search this site.
    others
    mobile
    qrcode
    powered
    無料ブログ作成サービス JUGEM
    JUGEMのブログカスタマイズ講座