<< 久しぶりのサンシャイン60での山岳展望 | main | さがみ縦貫 相模原IC付近の進捗(2014年3月) >>

関東地方大雪 自分的記録

0

    2月14日、朝から雪が降っていた。

    その前の週の8日にも、大手町で27センチを観測したが、またもや雪。

    今シーズンは降雪を見る機会など殆ど無かったのに、一旦降り始めると続くものだ。


    この日は途中から雨に変わる予報だったのだが、

    城南某所の職場を出たところ、8日並みに積もっている。

    なんだか嫌な予感がした。


    ちょうどタクシーが来たので、駅まで乗る。

    車を降りると、自分と入れ替わりに若いお姉さんが乗っていった照れる


    ネットで情報収集しながら、普段とは違うルートを使い、どうにか町田駅に到着。

    やはり積雪は多く、前回の8日を超えそうな勢いで降っていた。


    町田駅町田駅前(14日夜8時半頃)


    屋根のある通路も、吹雪のため積雪していた。


    霞んで見えるのは、吹雪いているため


    下記のまとめ記事に、自分のツイートが載っていた!


    【【悲報】大変なことに。。大雪の関東沿線(新宿,秋葉原,横浜,高田馬場等)画像集】

     http://matome.naver.jp/m/odai/2139237915899598701


    自宅周辺は、更に多くの雪が積もっていた。

    既に、自分の脛くらいの高さはあっただろうか…。


    この時点では、前回並みの雪の量


    とりあえず翌朝の仕事に備え、自宅前通路の除雪をしておいた。


    軽く除雪。


    翌15日は、5時前に起床。

    雨に変わるはずの雪は、夜中も降り続いたようだが、この時間は霰が混じる小雨になっていた。

    外に出てみると、前夜に雪かきしたところに新たに40センチ(吹き溜まりは80センチ)くらい積もってしまっていた驚き驚き驚き

    カッパを着て、再度除雪。


    ちりとりの高さは40センチ(15日朝5時15分頃)


    さて、出かける準備をして交通状況を調べると、バスも電車も運休。

    とりあえず動けないので、その旨を職場に連絡した。

    この頃に、東急東横線の元住吉駅での事故を知る。


    【東横線での列車衝突事故に関するお詫び(東急電鉄)】

    http://www.tokyu.co.jp/information/list/?id=97


    外に出ると、積雪は平均でも膝上くらいまであり、ラッセルが必要な状況。

    自分の車が心配だったので見に行くと、ほとんど埋まっていた0口0

    結局、この日の出勤は諦めた。


    車を見に行く(15日朝7時頃)


    下記のブログ記事は、積雪のピークに達する前のものだが、とにかく記録的大雪。

    被害に遭われた方に、お見舞い申し上げたい。


    【関東甲信、観測史上1位の記録的大雪(tenki.jp)】

    http://www.tenki.jp/forecaster/diary/tenki_news_flash/2014/02/15/7841.html


    最終的には、甲府114センチ、河口湖143センチ、軽井沢99センチ、前橋73センチ、秩父98センチ、熊谷62センチで、いずれも観測史上1位。

    甲府のこれまでの1位は49センチだったので、実にその倍以上も降ってしまったことになる。


    大手町は前回8日と同じ27センチ(観測史上8位)、横浜28センチ(観測史上7位)。

    尚、自宅に比較的近い相模原(中央)では、積雪56センチを記録している。


    【高波と大雨及び雷に関する神奈川県気象情報 第4号(気象庁)】

    http://www.jma.go.jp/jp/kishojoho/320_02_670_20140214212112.html


    仕事に行けなくなったので、自宅周辺をじっくり除雪し、車の周辺の雪を片付け。

    もうホント、汗だく。

    新聞の朝刊は、9時過ぎに配達された模様。


    道を作る。積雪は50センチくらい。


    午後は散歩に出たり、再び雪かきしたりして、気付いたら夕方。

    たくさん汗をかいた後、夜の一人反省会で飲み過ぎたのは、言うまでもないビールビールビール


    16日、二日酔いが治まってきたので、町田駅の方へ行ってみた。

    車道にもまだ雪が残っている。


    1枚目の写真と同じ位置


    裏通りに行ってみると、雪の山があちこちにできていて、北国の飲み屋街のようだった。


    まるで北国


    夜は賑やかな原町田の飲み屋街の一角には、なんとかまくら驚


    高さは約160センチ


    小田急の線路にも、まだまだ雪があった。


    線路にも残雪


    事前に予想されていた前回8日の大雪と違い、

    途中で雨に変わるため、積雪は少ないはずだった今回の降雪。

    物流関係もストップして、スーパーやコンビニの売り場がスカスカになったりもした。


    いつ襲ってくるか分からない災害。

    311から間もなく3年となり、忘れかけていたその気持ちを再認識させられた。

     



    コメント
    コメントする









    この記事のトラックバックURL
    トラックバック
    calendar
       1234
    567891011
    12131415161718
    19202122232425
    262728293031 
    << May 2019 >>
    selected entries
    categories
    archives
    recent comment
    recent trackback
    links
    profile
    search this site.
    others
    mobile
    qrcode
    powered
    無料ブログ作成サービス JUGEM
    JUGEMのブログカスタマイズ講座