<< さがみ縦貫 相模原IC付近の進捗(2014年3月) | main | 流さんのライブ(2014年3月28日・下北沢) >>

浅川トンネルの渋滞

0
    少し前の話になるが、ある土曜日に埼玉方面へ出かけた。
    帰りは、鶴ヶ島から圏央道を順調に走り、19時ちょうどに高尾山ICを降りる。
    自宅に帰ってからは飲み屋に直行の予定だったので、何を食べようかと考えながらの運転だった。

    高尾山ICを出ると、国道20号八王子南バイパスの「浅川トンネル」がある。
    4年前に開通したこのトンネル、圏央道本線と見間違うような、片側2車線の立派なトンネルなので、
    スピードの出しすぎには注意が必要。

    さて、上り線のトンネルに入ってしばらくすると、前の車がハザードを出した。
    すぐに意味が分かった。
    噂に聞いていた「浅川トンネルの渋滞」汗

    自分はここで大きな渋滞には遭ったことは無かったが、
    人づてで、抜けるのに30分程度の渋滞が起こるという話を、何度か聞いたことがあった恐怖
    空いていれば、おそらく3分くらいの距離と思われるのだが・・・

    さて、この渋滞はノロノロ動くのではなく、ピタッと止まってしまうタイプのもの。
    やはり30分はかかるだろうと覚悟した。

    全然動かない渋滞

    これは歩くほうが全然早そう。
    隣に止まっているマイクロバスの車内では、遠征帰りと思われる中学生たち(?)が、
    気持ちよさそうに寝ていた。

    30分経ったが、トンネルを抜けることはできなかった。
    45分後、トンネル出口に近い、1車線に絞られる地点にたどり着く。
    計画では2車線のまま、この先も建設される予定だが、
    今は暫定的に側道に降ろされるために、こうなっている。

    もうすぐ出口

    【八王子南バイパス(国土交通省 相武国道事務所)】
    http://www.ktr.mlit.go.jp/sobu/06busine_r/route20/hati_s/index.htm

    19時50分、ようやくトンネルの外に出ることができた。
    後で調べたら、トンネルは約1800mあり、途中からの渋滞だったから、
    1キロちょっとで50分、だったと思われる。

    トンネルを出た先の町田街道との交差点「医療センター入口」は、
    右直分離信号の為、当然ながら右折車の列が長く延びる。

    何度も通っている人は、気を使って右に寄ってくれたりする。
    実際、次の写真のトラックは右に寄っていて、左をギリギリ抜けることが可能。

    ただ基本的には、この信号を左折もしくは直進する車も、右折車の列で進めなくなるため、
    動かない渋滞となってしまう。

    渋滞の発生源

    もちろん時間にもよるのだが、もう二度とここは通りたくないと思った。
    現道は暫定的なものだから、改良というわけにもいかないだろう。バイパスの開通を待つしかない。

    今度の6月に、高尾山IC〜相模原愛川ICが開通する。
    その時は奮発して、相模原愛川ICまで走る手もあるが、
    やはり手前の「あきる野」で降りるのが賢明かもしれないなしょんぼり

     


    コメント
    コメントする









    この記事のトラックバックURL
    トラックバック
    calendar
       1234
    567891011
    12131415161718
    19202122232425
    262728293031 
    << May 2019 >>
    selected entries
    categories
    archives
    recent comment
    recent trackback
    links
    profile
    search this site.
    others
    mobile
    qrcode
    powered
    無料ブログ作成サービス JUGEM
    JUGEMのブログカスタマイズ講座