<< GPSロガー「BT-Q1300S」を使ってみた。 | main | 町田市役所の屋上展望テラス >>

流ワンマンライブ『光あふれて』in ふるさと(2014年11月29日・音更)

0
    11月29日(大安)、流さんの音更ワンマンライブ「光あふれて」に行ってきた。
    流さんを知ってから、早2年近く。
    出会いのプロセスは、下記の記事に書いた感じで…。

    【流(ながれ)さんのライブ】
    http://blog.ms101jp.com/?eid=38

    音更町は、北海道は帯広市の隣町。
    ライブのことは3月に話を聞いていて、この日に向けてずっと仕事などいろいろ調整し、無事に出かけられることになった。
    チケットは、文化センターに電話して、着払い代引きで送っていただいた。

    29日朝、羽田発の日航機に乗る。
    9月1日から航空法が改正され、機内で常時デジカメが使えるようになった。

    【9月1日以降の電子機器使用に関する規制緩和について(日本航空)】
    https://www.jal.co.jp/info/other/electronic.html

    羽田からずっと、あいにくの曇り空。
    下界は全く見えなかったが、着陸直前に広い十勝の大地が姿を現し、感激!
    離着陸時にも使えるようになったデジカメで、早速その景色を撮影した。

    とかち帯広空港着陸直前の機内から

    1年5ヶ月ぶりの帯広は、中途半端な季節ということもあって、人は少なめだった。
    レンタカーで幸福駅、池田ワイン城、DCTgarden IKEDA(ドリカム記念館)と、慌ただしく観光してから、音更町へ向かう。
    明るい時間に、文化センターを下見しようと考えたためである。

    DCTgarden IKEDAと、池田ワイン城

    道の駅おとふけ

    音更町文化センターの下見

    道の駅に立ち寄った後、「音更町文化センター」へ。
    もちろん初めて訪れたが、想像以上に立派な施設だと感じた。
    数時間後、ここで大ライブが開催されるのだと思うと、感慨深い。

    まだまだ早いので、帯広の名店「高橋まんじゅう屋」、緑ヶ丘公園(400mベンチ)を経由して、レンタカー返却、ホテルにチェックイン。
    文化センターへは予定通り、路線バスで出かけた(夜間の凍結路の運転が嫌だったから)。

    路線バスを下車

    開場が18時、開演が18時半だったが、文化センターには17時少し前に到着。ロビーでは既に何人か待っていた。
    17時20分頃、並び始めた人がいたので、その後ろにつく。

    この奥が、大ホールのロビー

    その後どんどん人が入ってきて、ロビーはいっぱいに。
    18時ぴったりにドアが開き、小走りで大ホールに入って、先頭の列に座ることができた。

    開場から間もない大ホール

    18時半を少し過ぎて、いよいよスタートの時がきたkyu
    流さんと、佐藤亙氏(Beadroads)をはじめとするバンドメンバーが登場!!
    動き回りながら演奏し、歌い続ける流さんたちの熱気と、後ろの大観衆からの熱気が自分のあたりでぶつかり、
    普段のライブでは絶対に味わえない、最高の気分だった。

    2時間があっという間に過ぎ、大歓声の中、ライブは終了。
    引き続きロビーでは、CDや各種グッズの販売、サイン会が行われた。
    流さんのほうは長蛇の列で諦めたが、バンドメンバーとは少しだけお話することができた。

    賑わう大ホール前ロビー

    バスはとっくに終了しているので、タクシーで帯広駅前へ。
    ライブ後の渇いた喉へのビールは、本当に美味しかった。
    ジンギスカン屋→居酒屋→ショットバーと梯子し、寝たのは2時過ぎだったか。はっきり覚えていない汗

    夜11時半頃、帯広市内で。

    翌朝は7時半くらいに起きて、風呂&朝食。
    9時からはもちろん、「流のHome Made Radio♪」(FM-JAGA)を聴いて、前夜の余韻に浸る。
    チェックアウト後は、バスでばんえい帯広競馬場へ向かい、土産を見たり豚丼を食べたりアセアセ

    なんも、なんも(帯広競馬場とかちむらで)

    競馬場前から空港行きバスに乗って、飛行機の出発45分くらい前に空港に到着。
    土産を見ていたら、結構ギリギリな時間になってしまった。

    1箇所しかない保安検査場は長い列で焦る。
    その時、なんか聞き覚えのある声が。えっ、、、流さんだった照れる
    バンドメンバーのお見送りで来られていたのだった。

    とかち帯広空港の保安検査場

    ようやくご挨拶ができ、気分よく飛行機に乗る。
    自分の席はなんと、バンドメンバーの前だった照れる照れる
    なんか最後の最後で、すごい偶然が重なってビックリだった。

    流さんはずいぶん前から、音更町文化センター大ホールでのワンマンライブの夢を語られていた。
    その夢が実現した日に、自分も参加できて、本当に嬉しかった。

    「10,000人に会いにいく。」ということで、ギターを持って全国あちこちで歌っている流さん。
    そんな流さんに、またどこかでお目にかかれたらいいなぁ照れる

    【流|10,000人に会いにいく。】
    http://nagare.us/10000/

    【クウ・ネル・ウタウ♪流日記(公式ブログ)】
    http://nagare.us/

    【Web! Beadroads. ビードローズ】
    http://www.beadroads.com/

    【音更町文化センター】
    http://www.npootofuke.com/  


     


    コメント
    コメントする









    この記事のトラックバックURL
    トラックバック
    calendar
         12
    3456789
    10111213141516
    17181920212223
    24252627282930
    31      
    << December 2017 >>
    selected entries
    categories
    archives
    recent comment
    recent trackback
    links
    profile
    search this site.
    others
    mobile
    qrcode
    powered
    無料ブログ作成サービス JUGEM
    JUGEMのブログカスタマイズ講座