イバラッパーのデビューライブ

0
    4月6日、イバラキングこと青木智也さんの、イバラッパーとしてのデビューライブに行ってきた。

    数年前のことだが、茨城に住んでいる友人に教えてもらった氏の著書
    いばらぎじゃなくていばらき」で青木さんを知る。
    今ではラジオにも出演されていたりして、細々と(?)応援を続けていた。

    【茨城王-イバラキング】
    http://www.ibaraking.com/

    そして最近のことだとは思うが、青木さんの作詞作曲で「ご当地ラップ」を作り、
    本人が「イバラッパー」として歌われていて、各方面で話題になっている。
    そんな中なんと、坂東市のさくら祭りで、デビューライブが開催されるということで、
    これは行かねばと思い、出かけた次第。

    坂東市は、昔は岩井市と言われていたところだ。
    谷和原ICで常磐道を降りると、請求額はなんと770円!
    たしか定価は750円だったはずで、日曜だし、、、と思って調べると、
    大都市近郊区間の休日割引は3月末で廃止され、更に増税で値上げとのこと。

    会場の「八坂公園」付近は大渋滞だろうと思い、1時間以上も前に到着したが、
    意外にも待たずに駐車できた汗

    桜はちょうど見頃。晴天&暑くも寒くもない気温で、絶好の花見日和だった。

    八坂公園、桜は見頃

    たくさんの出店が並ぶグラウンドの奥に、会場の舞台があった。
    こんなことなら、昼メシを食ってくるんじゃなかったと後悔。
    その出店の一つになんと、「イバラッパーCD」が置いてある店があり、早速購入した。

    スタートまでまで1時間あったが、場所取りを兼ねて、かき氷を食べながら待つ。
    直前になって、最前列が空いたので早速移動!

    会場の舞台

    雲行きが若干怪しくなり、冷たい風が吹く中、いよいよイバラッパー登場
    自分と同年代とうかがってたが、すごく若々しいお姿で、かっこいい!!


    イバラッパーさんと、MCあよほーさん(ご本人の承諾を得て掲載)

    隣には熱狂的なファンと思われるお姉さま方が熱い声援をかけられていたが、
    自分は恥ずかしがり屋なんで、静かに応援イヒヒ
    今回のために作られたという新曲「坂東」も披露され、20分ほどがあっという間に過ぎてしまった。

    それにしても、こんなに素晴らしい曲をいくつも作って歌えるって、
    青木さんのその才能には、本当に驚かざるを得なかった。

    終了後は、さっきCDを買ったお店の前でサイン&握手会。
    早速、さっき購入したCDにサインをいただいた!

    サイン会

    せっかく茨城まで来たのに名残惜しいが、到着2時間でおいとますることにundefined
    帰りは圏央道経由にしたが、意外に早く、3時間20分で町田の自宅に到着した。
    日曜19時からは、土曜日のイバラキングのラジオ番組が再放送されているのだが、
    昼間のライブのことを思い出しながら、その放送を聴くことができた。

    【イバラキングのごじゃっぺラジオZ】
    http://www.ibaraking.com/radio

    今回は遠方ということもあり、行こうかどうか最後まで迷ったが、
    行って良かったなあと心から思った、そんなデビューライブだった。
    次回もまた、楽しみ嬉しい



    流さんのライブ(2014年3月28日・下北沢)

    0
      3月28日、流さんのワンマンライブが、下北沢で開催された。

      年度末繁忙期の金曜夜という、かなり微妙といえる日汗
      どう考えてもスタートには間に合いそうにないと思われたが、割と早めに職場を抜け出せ、30分遅れで会場に到着。
      初めて流さんにお目にかかれた去年5月のライブ以来、約10ヶ月ぶりの下北沢だった。
      会場はミュージックバー「rpm」。

      会場の入口

      【去年のライブの時の記事】
      http://blog.ms101jp.com/?eid=38

      【Music Bar rpm】
      http://rpmshimokita.wix.com/rpm2014#!

      驚いたことに、去年の会場である「Colored Jam」を、リニューアルしてできたお店。
      入店してみると、スタッフさんは当時と同じ方々だった。

      前回は3組一緒だったが、今回は流さん単独
      すばらしい感動
      ライブについていろいろ書きたいところだが、詳細については控えさせていただく。

      遅刻してしまったが、途中休憩を含め約2時間、本当に楽しませていただいた。
      カバー曲もあったんだけど、プロの歌い手さんは何を歌ってもホントすごいなぁと、改めて感じさせられた驚

      ライブ終了後、彼女は来場の方々(自分も含め)と話されていたが、何やらいろいろ驚かれていたようだった。
      流さんの「10,000人に会いにいく」もそうだが、
      こうして出会いとか繋がりが広がっていく、ホント素敵なことだよなぁ。

      【流|10,000人に会いにいく。】
      http://nagare.us/10000/

      そうそう、
      流さんにお目にかかるのは3回目だけど、なんと私のことを覚えててくださったびっくりびっくりびっくり

      それと、ライブの最後に重大発表があった。
      ご本人から公式サイトに発表が出てから、続きを書くことにする。

      [12月1日 追記]
      上記重大発表とは、11月29日に音更町文化センター大ホールで、
      念願のワンマンライブが開催されるという話。
      続きを書くのを、すっかり忘れていた泣き
       


      浅川トンネルの渋滞

      0
        少し前の話になるが、ある土曜日に埼玉方面へ出かけた。
        帰りは、鶴ヶ島から圏央道を順調に走り、19時ちょうどに高尾山ICを降りる。
        自宅に帰ってからは飲み屋に直行の予定だったので、何を食べようかと考えながらの運転だった。

        高尾山ICを出ると、国道20号八王子南バイパスの「浅川トンネル」がある。
        4年前に開通したこのトンネル、圏央道本線と見間違うような、片側2車線の立派なトンネルなので、
        スピードの出しすぎには注意が必要。

        さて、上り線のトンネルに入ってしばらくすると、前の車がハザードを出した。
        すぐに意味が分かった。
        噂に聞いていた「浅川トンネルの渋滞」汗

        自分はここで大きな渋滞には遭ったことは無かったが、
        人づてで、抜けるのに30分程度の渋滞が起こるという話を、何度か聞いたことがあった恐怖
        空いていれば、おそらく3分くらいの距離と思われるのだが・・・

        さて、この渋滞はノロノロ動くのではなく、ピタッと止まってしまうタイプのもの。
        やはり30分はかかるだろうと覚悟した。

        全然動かない渋滞

        これは歩くほうが全然早そう。
        隣に止まっているマイクロバスの車内では、遠征帰りと思われる中学生たち(?)が、
        気持ちよさそうに寝ていた。

        30分経ったが、トンネルを抜けることはできなかった。
        45分後、トンネル出口に近い、1車線に絞られる地点にたどり着く。
        計画では2車線のまま、この先も建設される予定だが、
        今は暫定的に側道に降ろされるために、こうなっている。

        もうすぐ出口

        【八王子南バイパス(国土交通省 相武国道事務所)】
        http://www.ktr.mlit.go.jp/sobu/06busine_r/route20/hati_s/index.htm

        19時50分、ようやくトンネルの外に出ることができた。
        後で調べたら、トンネルは約1800mあり、途中からの渋滞だったから、
        1キロちょっとで50分、だったと思われる。

        トンネルを出た先の町田街道との交差点「医療センター入口」は、
        右直分離信号の為、当然ながら右折車の列が長く延びる。

        何度も通っている人は、気を使って右に寄ってくれたりする。
        実際、次の写真のトラックは右に寄っていて、左をギリギリ抜けることが可能。

        ただ基本的には、この信号を左折もしくは直進する車も、右折車の列で進めなくなるため、
        動かない渋滞となってしまう。

        渋滞の発生源

        もちろん時間にもよるのだが、もう二度とここは通りたくないと思った。
        現道は暫定的なものだから、改良というわけにもいかないだろう。バイパスの開通を待つしかない。

        今度の6月に、高尾山IC〜相模原愛川ICが開通する。
        その時は奮発して、相模原愛川ICまで走る手もあるが、
        やはり手前の「あきる野」で降りるのが賢明かもしれないなしょんぼり

         


        さがみ縦貫 相模原IC付近の進捗(2014年3月)

        0
          ここのところ、土曜と祝日は出勤の為、休みは日曜日だけ。
          世間では三連休の最終日である3月23日、津久井方面に出かける機会があったので、
          相模原IC付近を歩いてみた。

          【昨年3月に書いた記事】
          http://blog.ms101jp.com/?eid=35
          【昨年11月に書いた記事】
          http://blog.ms101jp.com/?eid=39

          11月の時点で、県道510号がほぼ完成形になってしまったので、大きな変化はないが、
          工事は着々と進んでいた。

          城山の登山道は、工事中の津久井広域道路を横切るため、その様子がよく観察できる。
          11月の時に比べて、だいぶ道路らしくなってきた。

          登山道からの、津久井広域道路(根小屋方面)

          こちらは、新小倉橋方面。完成間近のさがみ縦貫が見える。

          少し歩いて、新小倉橋のほうへ行ってみる。
          こちらも、津久井広域道路の工事がだいぶ進んでいた。

          新小倉橋付近から眺めた、建設中の津久井広域道路

          再び、城山登山口。
          少し登ると、登山道の入口に、城山のガイドマップがあった。
          これによると、近くに「十兵衛山」という展望台があるようなので、そこまで登ってみた。

          十兵衛山へと登る

          登山口から10分足らずで、十兵衛山展望台。
          東側が開けていて、建設中のさがみ縦貫(相模原IC付近)が一望できる。
          ベンチもあり、期待以上の展望スポットであった。

          ベンチもある十兵衛山

          パノラマ写真

          さがみ縦貫と津久井広域道路の交差部をズーム

          十兵衛山から下っていくと、ボーイスカウトと思われる子供たちとすれ違う。
          驚いたことに、80リットルくらいのザックを背負っていた驚く
          訓練か何かだろうか?

          次に、前回と同じように県道510号を西へと進み、ランプ橋の工事を見てきた。
          こちらは、大々的に工事が行われていた。
          橋脚からコンクリート製の橋桁を前へ伸ばしていくようで、11月に比べてずいぶん長くなっていた。

          先へと伸びるランプ橋の橋桁

          上の写真の場所の右側

          近くで観察。スゴい!

          さがみ縦貫本線の開通は、当初2013年度末の予定だったが、今年6月へ延期になった。
          展望台から眺めた感じだと、まだ時間がかかりそうに見受けられたが、
          なるべく早く開通してほしいなと思う。
          尚、ICは本線より遅れて、来年度に開通の予定。

          ところで、帰りもここを通ったのだが、
          宮原の信号を頭にした渋滞は、旧津久井健康センター入口付近まで、1キロを超えていた。
          おそらく相模原ICと同時と思われる、津久井広域道路の開通で、どう変わるかな。



           


          関東地方大雪 自分的記録

          0

            2月14日、朝から雪が降っていた。

            その前の週の8日にも、大手町で27センチを観測したが、またもや雪。

            今シーズンは降雪を見る機会など殆ど無かったのに、一旦降り始めると続くものだ。


            この日は途中から雨に変わる予報だったのだが、

            城南某所の職場を出たところ、8日並みに積もっている。

            なんだか嫌な予感がした。


            ちょうどタクシーが来たので、駅まで乗る。

            車を降りると、自分と入れ替わりに若いお姉さんが乗っていった照れる


            ネットで情報収集しながら、普段とは違うルートを使い、どうにか町田駅に到着。

            やはり積雪は多く、前回の8日を超えそうな勢いで降っていた。


            町田駅町田駅前(14日夜8時半頃)


            屋根のある通路も、吹雪のため積雪していた。


            霞んで見えるのは、吹雪いているため


            下記のまとめ記事に、自分のツイートが載っていた!


            【【悲報】大変なことに。。大雪の関東沿線(新宿,秋葉原,横浜,高田馬場等)画像集】

             http://matome.naver.jp/m/odai/2139237915899598701


            自宅周辺は、更に多くの雪が積もっていた。

            既に、自分の脛くらいの高さはあっただろうか…。


            この時点では、前回並みの雪の量


            とりあえず翌朝の仕事に備え、自宅前通路の除雪をしておいた。


            軽く除雪。


            翌15日は、5時前に起床。

            雨に変わるはずの雪は、夜中も降り続いたようだが、この時間は霰が混じる小雨になっていた。

            外に出てみると、前夜に雪かきしたところに新たに40センチ(吹き溜まりは80センチ)くらい積もってしまっていた驚き驚き驚き

            カッパを着て、再度除雪。


            ちりとりの高さは40センチ(15日朝5時15分頃)


            さて、出かける準備をして交通状況を調べると、バスも電車も運休。

            とりあえず動けないので、その旨を職場に連絡した。

            この頃に、東急東横線の元住吉駅での事故を知る。


            【東横線での列車衝突事故に関するお詫び(東急電鉄)】

            http://www.tokyu.co.jp/information/list/?id=97


            外に出ると、積雪は平均でも膝上くらいまであり、ラッセルが必要な状況。

            自分の車が心配だったので見に行くと、ほとんど埋まっていた0口0

            結局、この日の出勤は諦めた。


            車を見に行く(15日朝7時頃)


            下記のブログ記事は、積雪のピークに達する前のものだが、とにかく記録的大雪。

            被害に遭われた方に、お見舞い申し上げたい。


            【関東甲信、観測史上1位の記録的大雪(tenki.jp)】

            http://www.tenki.jp/forecaster/diary/tenki_news_flash/2014/02/15/7841.html


            最終的には、甲府114センチ、河口湖143センチ、軽井沢99センチ、前橋73センチ、秩父98センチ、熊谷62センチで、いずれも観測史上1位。

            甲府のこれまでの1位は49センチだったので、実にその倍以上も降ってしまったことになる。


            大手町は前回8日と同じ27センチ(観測史上8位)、横浜28センチ(観測史上7位)。

            尚、自宅に比較的近い相模原(中央)では、積雪56センチを記録している。


            【高波と大雨及び雷に関する神奈川県気象情報 第4号(気象庁)】

            http://www.jma.go.jp/jp/kishojoho/320_02_670_20140214212112.html


            仕事に行けなくなったので、自宅周辺をじっくり除雪し、車の周辺の雪を片付け。

            もうホント、汗だく。

            新聞の朝刊は、9時過ぎに配達された模様。


            道を作る。積雪は50センチくらい。


            午後は散歩に出たり、再び雪かきしたりして、気付いたら夕方。

            たくさん汗をかいた後、夜の一人反省会で飲み過ぎたのは、言うまでもないビールビールビール


            16日、二日酔いが治まってきたので、町田駅の方へ行ってみた。

            車道にもまだ雪が残っている。


            1枚目の写真と同じ位置


            裏通りに行ってみると、雪の山があちこちにできていて、北国の飲み屋街のようだった。


            まるで北国


            夜は賑やかな原町田の飲み屋街の一角には、なんとかまくら驚


            高さは約160センチ


            小田急の線路にも、まだまだ雪があった。


            線路にも残雪


            事前に予想されていた前回8日の大雪と違い、

            途中で雨に変わるため、積雪は少ないはずだった今回の降雪。

            物流関係もストップして、スーパーやコンビニの売り場がスカスカになったりもした。


            いつ襲ってくるか分からない災害。

            311から間もなく3年となり、忘れかけていたその気持ちを再認識させられた。

             



            久しぶりのサンシャイン60での山岳展望

            0
              1年で最も寒いとされる「大寒」の前日の日曜日。
              前の晩に飲み過ぎたが、強い北風の音で目が覚める。

              自宅からも雪をかぶった丹沢の山々がくっきり見え、こんな日は山に登って展望を楽しみたいなと思う。
              さすがに起きたのが遅かったので山は無理なのだが、どこか高い場所に行ってみたい。
              スカイツリーは高いし混むしなぁ、、、と、どこか無いかなと考える。
              ふと思いついたのが、

              「池袋サンシャイン60」

              ということで早速、双眼鏡を持って車を飛ばした。
              道路はガラ空きで、自宅から1時間余りでサンシャインに到着。

              【サンシャインシティ オフィシャルサイト】
              http://www.sunshinecity.co.jp/

              今の若い人は知らないかもしれないが、都庁ができるまでは日本一高いビルだった。
              前回いつ来たのか思い出せないが、大学1年くらいのような記憶もあるので、約20年ぶりなのかな冷や汗

              いろいろ書くと長くなりそうなので、本題の山岳展望。
              昼を過ぎていたので霞みかけていたが、それでも満足のいくものだった。

              エレベータを降りて窓際へ進むと、いきなり筑波山!


              筑波山の見える北東側から、反時計回りに進む。
              双眼鏡では日光男体山が確認できたが、撮影はできなかった。

              続いて北西方向、秩父連山や奥多摩方面。
              右には武甲山、左奥に雲取山も見えている。左端は御前山。


              その続き、大菩薩方面。
              左奥は三つ峠山。南アルプスは双眼鏡でも確認できなかった。


              東に西武、西に東武。


              ビルの4方向それぞれに「真下観覧スペース」というところがあり、
              真下を覗くことができる。


              次は南西側、丹沢と富士山。
              逆光になってしまったが、どうにか富士山を写すことができた。


              箱根の更に左には、一週間前に登った「天城山」も、肉眼で余裕で確認できた。


              最後に南東側。
              東京タワーは、周りに増えた高層ビルに埋もれた感じに見えた。
              奥に見えているのは房総半島。双眼鏡では、海沿いの工場の煙突なども確認できた。


              そして毎度おなじみのスカイツリー!!
              その右奥は、幕張新都心の高層ビル群。


              最後に、帰る前に双眼鏡で眺めていて見つけたのが、牛久大仏
              ズームしても撮影は難しかったが、下の写真の真ん中付近にぼんやり見えている。


              なんか見直してしまった感じのサンシャイン60。
              入場料は大人620円と、比較的安いし、また空気の澄んだ日の午前中にでも訪れてみたい。

              尚、1月24〜30日には、ダイヤモンド富士 が見られるそう。
              見てみたいなぁ富士

              【感動!日本一の宝石“ダイヤモンド富士”(サンシャインシティ オフィシャルサイト)】
              http://blog.ms101jp.com/manage/?mode=write&eid=40


              さがみ縦貫 相模原IC付近の進捗(2013年11月)

              0
                昨夜、仕事帰りに立ち寄った飲み屋で、入れているボトルを出してもらうと、「5月24日」と書いてあった。
                それ以来一度も来ていなかったので、なんと約半年ぶりとなる。
                半年もとって置いてくれて、これを残すのは申し訳ないので、全て空けてきた手

                5月24日頃に何をしていたかと調べてみると、下北沢での流さんのライブの2日後。
                そういえばこのブログも、流さんのライブに関する記事以降、全く更新していなかった冷や汗

                そんなわけで久しぶりの更新。
                3月に書いた「さがみ縦貫 相模原IC付近の進捗」の続きである。

                【3月に書いた記事】
                http://blog.ms101jp.com/?eid=35

                この付近は何度も通っているので、工事が着々と進んでいるのは知っていたが、
                なかなか写真を撮る暇はなくて、今回はゆっくり歩いてみた。

                さがみ縦貫本線やICの変化にも驚いたが、もっと驚いたのは、県道510号。
                3月に建設中だった新道に切り替わったのは夏頃だったか。
                少し高いところを通っていた旧道は、その後取り壊され崩され更地になり、今は「津久井広域道路」の用地になりつつあった。
                尚、相模原IC付近の県道510号は、これでほぼ完成と思われる。

                新しくなった県道510号(旧道は左側にあった)

                こちらは、さがみ縦貫本線と県道510号の交差部。
                3月の段階では、完成までもう少し時間が掛かるかなという気がしたが、あっという間にできた。

                さがみ縦貫と県道510号との交差部

                城山への登山道を少し登ると、建設中のICが見える。
                前回も書いたが、スケールの大きさに、圧倒される。

                建設中の相模原IC

                同じ地点から眺めた県道510号。
                中央付近(現道の右)には、確か夏頃まで、左側の崖と同じ高さに旧道があったのだが、完全に無くなっていた。
                ここに、県道510号と並行して津久井広域道路が作られ、ICでさがみ縦貫に接続する。

                県道510号の旧道は更地に


                今度は県道510号を反対方向(西側)へ歩く。
                正面に、相模原ICのランプ橋が見えている。

                新しくなった県道510号を西へ

                ランプ橋と県道510号との交差部。
                上でも書いたが、さがみ縦貫のICは津久井広域道路に設置されるため、県道とは接続しない。
                こちらも、3月に比べてだいぶ工事が進んでいた。

                県道510号とICランプ橋との交差部

                ランプ橋を横から撮ったもの。
                頑丈そうな作りになっているなぁ!

                横からのランプ橋

                相模原愛川IC〜高尾山ICの開通は、今年度の予定(来年の3月か?)。
                ただし、相模原ICの開通は、2014年度とのこと。
                楽しみだなぁ 嬉しい



                 


                流(ながれ)さんのライブ

                0
                  22日、流(ながれ)さんの、下北沢でのライブにお邪魔してきた。

                  流さんとの出会いだが、その前にラジオとの出会いがあった。

                  去年末にパソコンを買い換え、ノートにしたのをきっかけに、
                  インターネットでラジオを聴くように。
                  いろんな局を試していて、今は北海道は帯広の「FM-JAGA」がメイン。

                  【77.8MHz FM-JAGA】
                  http://www.jaga.fm/

                  そのJAGAで、日曜に放送しているのが、
                  流さんの番組「流のHome Made Radio♪」
                  (日曜日 AM9:00〜10:00)

                  最初のうちは休日のBGM的だったのだが、
                  彼女の楽しいトークや笑い、素敵な音楽で、いつしか手を止めて聴き入るようになり、
                  毎週必ず聴くようになってから、2ヶ月くらいになるか。

                  そろそろ番組にメールを送るか、機会あればライブにお邪魔しようと思っていたちょうどその頃、ツイッターで、東京でライブがあることを知る。
                  それを知ったのは、なんと当日の夕方

                  その時は行こうなんて考えてもみなかったが、このチャンスを逃したら、次は当分無いだろう。
                  幸いにも仕事も早く上がれそうなんで、行ってみた。

                  場所は下北沢。
                  会場の「Colored Jam」は駅からも近く、すぐにたどりつけた。

                  【LIVE&BAR COLORED JAM(ライブ&バー カラードジャム)】
                  http://www.coloredjam.com/

                  coloredjam会場前で

                  階段で地下に降りて、店内へ。
                  受付でビールを頼み、ドキドキしながら待つ

                  流さんは2組目に登場。
                  声は何度も聞いているものの、お姿は公式サイトの写真でしか拝見したことがない
                  でも、入ってきた瞬間に、すぐに分かった。
                  目の前3メートルの至近距離だし。

                  本物の流さんは、歌声も、笑顔でのトークもホントに素晴らしい。
                  感動で鳥肌が立ちっぱなし感動
                  ホント、来て良かったニコッ

                  終了後、CDを買いにうかがったときに、ご本人とお話することができた。
                  ラジオがきっかけで流さんを知ったんですと言ったら、驚かれていたようだった。
                  購入の3枚のCD全てにサインを入れてくださり、更に2回も握手ヤッタv
                  にこにこ(ニタニタ?)しながら、会場を後にした。

                  CDCD

                  今回の出会いも、いろんな偶然の結果だった。

                  ノートパソコンを買ったのも、突然の思い付きだったし、
                  そのPCでなぜかラジオを聴き始め、たまたまFM-JAGAに出会い、
                  JAGAの番組でファンになった流さんに、twitterで直前に知った情報でライブにお邪魔し、
                  更にはこうしてお話までできたという、、、そんな出会い。
                  いろいろ感動した出来事であった!!

                  後日、流さん自身も公式ブログで、「出会いはおおきな力」というタイトルで、
                  この日の記事を書かれている。

                  【クウ・ネル・ウタウ♪流日記 (5月23日)】
                  http://nagare.us/index.php?e=789

                  出会いは大きな力、ホントその通りですわ!
                  彼女の更なるご活躍を祈り、応援したいと思う。


                  開通まで残り1ヶ月を切った、相模原愛川IC

                  0
                    前々回の記事に書いた「相模原IC」の帰り、
                    同じさがみ縦貫の「相模原愛川IC」周辺の様子を見てきた。
                    こちらは、3月30日の開通まで残り1ヶ月を切り、秒読みの状態だ。
                    (取材日は、3月3日)

                    料金所を出て、国道129号の橋本方面への流出路。

                    まだまだ、絶賛工事中!

                    なんというか、年度末って感じですなぁひやひや

                    橋本方面への流出路

                    国道129号の歩道から、料金所のほうを眺めてみる。
                    こちらは舗装もほぼ終わり、ラインを引いたり、ガードレールを設置すれば終わりか。

                    料金所のほう

                    反対側の写真。
                    手前に国道129号、奥に見えている坂道は、国道16号方面へ続く「県道52号」。

                    反対側の写真

                    工事の看板。
                    3月31日までとあるが、30日に開通だから、それまでには終わるのだろう。

                    工事の看板

                    場所を移動し、県道52号と508号の「下当麻交差点」の方へ。
                    相模原愛川ICでは、国道129号と、県道52号のそれぞれに接続している。

                    インターを出ると、下当麻交差点ではアンダーパスで県道508号をくぐり、県道52号になる。
                    写真は、アンダーパスを出て間もなくのあたり。
                    この先は、原当麻の県道46号の交差点までの数百メートルは、4車線になる見込み。

                    県道52号 原当麻方面県道52号 原当麻方面を眺める

                    上の写真の青看板の先まで登り、振り返ってみる。
                    奥が、相模原愛川IC。



                    再び、下当麻交差点に戻る。
                    交差点(アンダーパスの上)から、インター方向を眺めたところ。

                    下当麻交差点下当麻交差点のアンダーパス

                    ところで、
                    県道52号は、神奈川県内有数の渋滞ポイントである鵜野森交差点(国道16号)から、北里大学病院を経て昭和橋に至るルート。
                    現在でも慢性的に渋滞しているkyu

                    おそらく、相模原愛川IC開通後は、更に渋滞が激しくなると予想される。
                    鵜野森までは無理としても、麻溝台の県道507号(村富線)との交差点までの4車線化、JR相模線踏切の立体交差化が望まれる。




                    Suicaの利用ログから

                    0
                      3月23日から、SuicaやPASMOなどの「交通系ICカード」の全国相互利用サービスが始まる。

                      【交通系ICカードの全国相互利用サービスがいよいよ始まります!(JR西日本)】
                      http://www.westjr.co.jp/press/article/2012/12/page_3015.html

                      全国をあちこち飛び回っている人でなければ、
                      出先で使えなくてもそれほど不便ではないのだろうけど、
                      旅先などで切符を買わなくても電車に乗れるというのは、すごく便利嬉しい

                      そういえばSuicaは、以前から首都圏以外でも使うことができていて、実際に何度か使った。

                      自分の場合、Suicaの利用ログを2005年からExcelで残していて、
                      その記録も残っているはずということで、探してみた。

                      こんな感じ(ログから抜粋)
                      JK小倉  JK門司港
                      JK唐津  窓出 JK佐賀 
                      NR久留米 NR福岡 
                      FC天神  FC福岡空
                      JC金山  JC笠寺 
                      JH札幌  JH新千空
                      JW広島  JW新井口
                      JW川西池 JW新大阪
                      バス等 西鉄北九


                      たぶん、
                      JK=JR九州(SUGOCA)
                      NR=西鉄(nimoca)
                      FC=福岡市交通局(はやかけん)
                      JC=JR東海(TOICA)
                      JH=JR北海道(Kitaca)
                      JW=JR西日本(ICOCA)
                      西鉄北九=西鉄バス?(nimocaってこと?)

                      PASMOのエリアでも、言うまでもなく使ったことがあり、
                      3月からの相互利用の10種のエリアで、使ったことが無いのは、
                      名古屋のmanaca、関西のPiTaPaだけだったエクステンション
                      Suicaは、これまでも便利だったわけねDocomo_kao20

                      そのmanaca、PiTaPa対応の改札でも使えるようになるわけで、旅にでるのが更に楽しくなりそう電車バス




                      calendar
                          123
                      45678910
                      11121314151617
                      18192021222324
                      25262728   
                      << February 2018 >>
                      selected entries
                      categories
                      archives
                      recent comment
                      recent trackback
                      links
                      profile
                      search this site.
                      others
                      mobile
                      qrcode
                      powered
                      無料ブログ作成サービス JUGEM
                      JUGEMのブログカスタマイズ講座